悠々歓々のブログ

事業分析しよう 24/80

さて、経営を安定させるための80項目として、ブログを80個書いてます。

今日は24回目❗️「事業を分析しよう」

最後までお付き合いいただいた暁には、自分の会社のことがすっごくわかるようになってるはずです。

では行ってみましょう!

第24回/事業分析してみよう!!

事業分析って?

事業分析とは、事業のことを分析することです。

かなりざっくりだけど、大きく分けると2つになります。

  1. 事業の現状分析
  2. 未来の事業分析

そして、上記1、2の分析を踏まえて、「総合的な分析」をします。

分析の方法としては、

  • SWOT分析(スウォット分析)
  • PEST分析(ペスト分析)
  • 3C分析
  • ファイブフォース(5フォース)分析
  • 7つのS分析

など、色々あります。一つ一つの方法についての説明は長くなるのでまた後で。

事業の現状分析

まずは現状を知りましょう。

現在の事業の骨格、すなわちその経済的な構造を調べることから始まります。

具体的には、次のような分析を行い、資源と業績、活動と成果、利益とコストの間の関係や、相互作用を調べます。

  • 事業において業績をもたらす領域(製品、市場、流通チャネル)の分析
  • 利益、コスト、資源の現状と見通しの分析
  • 製品の類型による分析
  • コスト構造の分析

これらの分析によって、企業が今どのような状況にあるかを知ることができます。

未来の事業分析

事業の現状を知った後は、市場にとって適切な事業を行っているのか、将来どのような事業に取り組むべきかを分析しましょう。

  • どの領域が伸びそうか?
  • 利益、コスト、資源の見通しはどうか?
  • 製品に未来はあるか?
  • コスト構造のスリム化は可能か?

※コスト構造とは、固定費(主に人件費、賃料など) と変動費(仕 入費,材料費,運送費,外注費)の割合のことです。

総合的な分析

現状の分析、未来の分析を踏まえて総合的な分析を行いましょう。

事業の現状の分析分析結果に暫定的な診断をします。

その診断結果を、再点検していきます。

再点検によって、

①現状の状態からの微量の調整

②大幅な修正をするべき

など、1つ1つ修正をかけていきます。

時には、顧客の再定義が必要になり、事業全体を再設計し直さなければならないこともあります。

会社を長く存続させてていくには、現状を分析し、修正をかけていくことは必ず必要なことです。

定期的に行っていくのが良いです。

外部の手を借りて現状分析を行なっていくこともオススメです。


さて、今日は「経営分析」についてお話しさせていただきました。

当社では現状分析相談も行なっています。

無料相談開催してます。ご相談ください。

遊ぶようにはたらく、悠々歓々でした。

UUKK公式LINE LINEもコッソリやっとります。

-悠々歓々のブログ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 栃木県宇都宮のデザインWEB制作なら悠々歓々