悠々歓々のブログ

顧客ニーズ調査 18/80

さて、経営を安定させるための80項目として、ブログを80個書いてます。

今日は18回目❗️「顧客ニーズ調査」

最後までお付き合いいただいた暁には、自分の会社のことがすっごくわかるようになってるはずです。

では行ってみましょう!

第18回/顧客ニーズ調査とは?

ニーズって?

ニーズとは、必要・欲求・需要などを意味する”need(s)”が語源とされてます。

簡単にいうと、「人間生活上必要な、「ある充足感」が奪われている状態」のことを表します。 

生きていると色々な要求が発生します。「移動の時に雨に濡れたくない」「もっと楽に仕事したい」「おしゃれない家に住みたい」など、

しかし、現実は移動が徒歩だったり、仕事が残業続きで忙しかったり。古いアパートに住んでいたり。

その現実と要求の差を「ギャップ」と言います。

このギャップを埋めるのが顧客ニーズです。

じゃあ、顧客ニーズとは?

「顧客が抱えている欲求や需要」のことです。

でも、顧客ニーズを具体的に洗い出すために、すごく大切なことがあります。

「顧客が欲しがっている商品やサービス=顧客ニーズ」ではない、ということです。

「〇〇が欲しい」はあくまで解決するための手段でしかありません。

「なぜ〇〇が欲しいのか」目的を突き止める必要があります。 

ここは、とても重要なところなので、2回言いますね。

「なぜそれが欲しいのか」目的を突き止める必要があります。 

顧客ニーズを把握するには

顧客のニーズを把握するにはいくつか方法があります。

インターネット上の情報を参考にする方法や、顧客にアンケートを取る方法、RFM分析・CTB分析など顧客データを分析する方法が一般的でしょうか。 

これらの方法にはそれぞれ長所もあれば同時に短所も存在します。

そのため、複数の方法を組み合わせることで、より顧客のニーズを正しく理解することが可能になります。

代表的なものをいくつかご紹介
  1. インターネット上の情報を参考にする
  2. 顧客にアンケートをとる
  3. 顧客データを分析する
  4. 分析(RFMやCTB ・セグメンテーションなど)

さて、今日は「顧客調査」についてお話しさせていただきました。

顧客のニーズを満たすためには、企業目線ではなく顧客目線に立つことがポイントです。

データを分析し、顧客が自覚していない「潜在ニーズ」を発見することで、さらなるビジネスチャンスにつながります。 

 

ではまた、次回をお楽しみに!

 

当社では具体的な数字とビジュアルで、商品を伝えるバックアップをします。

無料相談開催してます。

遊ぶようにはたらく、悠々歓々でした。

UUKK公式LINE LINEもコッソリやっとります。

-悠々歓々のブログ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 栃木県宇都宮のデザインWEB制作なら悠々歓々